<< アイドリング ストップ状態 前を向いて・・・・ >>

なんちゃって家具職人!!

昨年 購入して 正月に組み立てようと思っていた
IKEAの超ロングセラー椅子:POANG/ポエング
今日組み立てました。(^^)



ノックダウンの箱の中はこんな感じ。
d0183146_21523772.jpg


説明書を最初に見てだいたいの段取りをしておきます。
d0183146_2153023.jpg

d0183146_21532575.jpg



最初は背中の部分から組み立て。似たようなボルトがあるので長さに注意!
d0183146_2154650.jpg



締め付けは付属の六角レンチでしますが最後は自分が持っているレンチの方が締めやすい。
d0183146_21542666.jpg



次はお尻の部分
d0183146_21545020.jpg



で、次は足になる部分
d0183146_21552965.jpg



次は横木をつけて固めていきます
d0183146_21555593.jpg



最後はクッションをマジックテープで(洗濯可能なように)止めて出来上がり
d0183146_21561847.jpg



使った道具はこれだけ。ハンマーは殆ど使わない。
d0183146_21564337.jpg



思ったより、すわり心地がイイ。006.gif

内海建設のシンプルな家 『アダット』に似合いそうな感じの家具です。

値段も比較的リーズナブル。

d0183146_222385.jpg








下記参考資料
石川 尚の【気になるデザイン】シリーズ。


IKEAの超ロングセラー椅子:POANG/ポエング

今回は、皆さんご存知「IKEA」、そのIKEAで超ロングセラーの椅子についてです。それも日本人デザイナーによるデザイン椅子です。さて、その椅子とは?


IKEA「取り扱い説明書」はノックダウンの教科書

ノックダウン……別にブン殴っても壊れない!と言うンではないのです。

「ノックダウン」とは『組立式』の意味。誰もが簡単に組立てることが出来るノックダウンはIKEAもファニチャーコンセプトなのです。
椅子にかぎらずIKEAファニチャーの組立て方を分かりやすく解説した「取り扱い説明書」はノックダウンの教科書です。


さて、「POÄNG/ポエング」をデザインした人が日本人デザイナーと聞くとさらに親近感が増しますね。
デザイナーは中村昇氏。中村氏は1973年から6年間、日本人最初のIKEA専属デザイナーとしてスウェーデンで多くの商品を開発し、30年以上のロングセラー商品:アームチェア「POÄNG/ポエング」の生みの親。開発当時は、フレーム製造やパッケージング等の工程において、厳しいチェックがなされたと聞きます。

………入社した1973年、所属した開発部デザイン課のメンバーはボスを含めてたったの5人、外国人は中村さんとチェコの男性2人だけ。?
「とにかくノックダウン(低価格で組み立て式)しろ」という会社からの指令をうけ個性あふれるメンバーは、次々に多くのデザインを生み出していきました。
毎年6月に開催された本社エルムフルトでのプレス用プレゼンでは、最初の作品NACKA(ナッカ…これは中村さんのニックネームなんだそうです)を30 秒で組み立ててみせたとか。
研究を重ね、入社4年目に創りだしたPOÅNG/ポエングが商品化へ成功。

   ………(引用:IKEA Blog/イケアのオフィシャルブロクから)
           

さて、最後にこのアームチェア「POÄNG/ポエング」もうひとつの魅力。
それは「25年」保証という消費者と品物を大切にするIKEAのプロダクトコンセプトです。

具合が悪くいなれば修理や手直しをする方が高く付くから粗大ゴミにして再度購入し、安価商品(プロダクト)で溢れている昨今暮らし・モノ環境……筆者は「ゴミプロダクト」と呼んでいます。
by utiagenoburton | 2012-01-04 21:57 | 住まい
<< アイドリング ストップ状態 前を向いて・・・・ >>