<< 今冬、車のガラスに初霜 平屋+α   >>

風を掴む

晴耕雨読・・・・「通風トレーニング」

d0183146_172324.jpg


「ゼロエネルギー住宅」の文字がやたら目に付くこの頃の住宅関連のチラシや記事ですが、
それにしたからといっても、住んで快適かどうかはやはりトータルな設計にあると思います。

その中でも窓の配置・サイズ・種類の選択は大事な要素になります。

もう一度、窓を考えるのには非常に参考になったこの本、Amazonのクレジットでもこんな感じに紹介されています。

われわれ日本人は通風が大好きで、冷房が当たり前になっても、通風を捨てようとはしません。とはいえ、われわれは通風について情緒的に捉えているだけで、科学的に理解していません。
また、通風を勉強しようにも専門書は見当たらず、改正省エネ基準の「通風」をみても、その評価手法は難しくて・・・。そこで基礎から始まって、通風設計に至るまでの知識と感覚を養える本をつくりたいと思いました。
直線では捉えられない風の流れを読むために、解析ソフトを用いてトレーニングしながら、論を進めていきたいと思います。

d0183146_17324893.jpg
d0183146_1733288.jpg
d0183146_17331168.jpg


風も科学しなきゃいけません
by utiagenoburton | 2016-01-09 17:46 | bookshelf 晴耕雨読
<< 今冬、車のガラスに初霜 平屋+α   >>